自然と人情ゆたかなところ

いっぺん来てみや横畠

好きな場所で好きな人たちと豊かにたのしく暮らすこと。

そしてそんな暮らしを守り次の世代、また次の世代へとつないでいくために

山笑ふ横畠集落活動センターとは

 

 越知町の山間部に位置する横畠西部地区には、もともと横畠小学校として子ども達の学び舎だった歴史と思い出の詰まった校舎がありました。けれど人口減少で平成14年に休校となってからはその元気な声とともに地域の活気も失われつつありました。

 そこで、この校舎を改装して宿泊もできる地域の活動交流拠点として生まれ変わらせ、またこの校舎に人々が集い、笑いあう、そんな風景をつくりたいという思いからこの「山笑ふ横畠 集落活動センター」ができました。

 そして、地元出身者の帰省しやすい環境をつくったり、学校だった機能を生かして合宿を誘致したり、喫茶店という形で集いの場をつくったり、誰かの困りごとを手助けする「お助け隊」活動などを行っています。

 

 

絵 野並允温さん